Block
顔認識システム
AIカメラ×顔認証
入退室管理
社員・VIP・未登録者を判別
不審者管理
不審者を検知した際に警告・通報
ハンズフリー入室
ハンズフリー入室
カギやIDカードなどが不要
屋外対応
屋外対応
IP66 屋外に対応

顔認識システムの特徴

■ 最大1万枚の顔登録

人の顔を最大20万枚までキャプチャーし、最大1万枚まで登録、データベース化が可能です。

■ データベース化

データベースには不審者、VIP、社員など任意のグループ作成も可能です。

ハンズフリーで電気錠の開錠

顔認証システムを導入すれば、カギやIDカード、パスワード入力などを使用せず、ハンズフリーで電気錠の開錠が可能になります。

不審者管理

登録した不審者がカメラにキャプチャーされた場合、リアルタイムにアラーム出力を行うことができます。
また、逆にデータベースに登録されていない人物がキャプチャーされた場合に限り、アラーム出力を行い、管理者へ通知することもできます。

高速比較

迷子の写真や犯罪者の写真を、システムにキャプチャーされた顔(最大20万枚)と瞬時に比較し、いつ、どのカメラでキャプチャーされたかを探し出すこともできます。

仕様

レコーダー製品番号顔登録数キャプチャー数
DCT-5104ER-Lite1,500200,000
DCT-5108ER-Lite5,000200,000
DCT-5116HR-Lite5,000200,000
DCT-5116KR/N10,000200,000
DCT-5132PC / N10,000200,000
DCT-5132QC-Pro10,000200,000
DCT-5164QC-Pro10,000200,000

※AI3.0スタンダードモデル:最大30顔を検出(1フレームあたり)
※AI3.0ライトモデル:最大15顔を検出(1フレームあたり)

顔検知

捉えた人物の顔のみをキャプチャーしレコーダーにデータを送ります。

顔比較

キャプチャーした顔をデータベースに登録された顔とリアルタイムに比較しその類似性を表示することができます

顔検索

システムにキャプチャーされた顔(最大20万枚)やグループに登録された顔(最大1万枚)から探し出したい顔を瞬時に検索・リストアップすることができます。

利用シーン

顔認証 入退室管理

入退室管理

オフィスなどの出入口に顔認証システムを導入することで、入退室管理とセキュリティ強化ができます。
登録した人のみ入室を許可し、未登録者が検知した際にアラームでお知らせをする設定も可能です。
電気錠システムと連動させることでハンズフリー入室ができます。

顔認証 不審者管理

不審者管理

店舗やスーパー、無人販売店などで、万引き防止対策として活用できます。万引きの常習犯を登録しておき、検知した際に管理者へお知らせすることができます。

対応カメラ

対応レコーダー

AIネットワークビデオレコーダー

Model顔 登録数顔 キャプチャー数映像入力詳細情報

DCT-5104ER-Lite
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大1,500枚最大20万枚4入力詳細

DCT-5108ER-Lite
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大5,000枚最大20万枚8入力詳細

DCT-5116HR-Lite
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大5,000枚最大20万枚16入力詳細

DCT-5116KR/N
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大1万枚最大20万枚16入力詳細

DCT-5132PC / N
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大1万枚最大20万枚32入力詳細

DCT-5132QC-Pro
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大1万枚最大20万枚32入力詳細

DCT-5164QC-Pro
AI3.0レコーダー
音声警告機能対応
最大1万枚最大20万枚64入力詳細

各カテゴリー商品