防犯カメラ 夜間 カラー撮影

防犯カメラ・監視カメラは、24時間撮影が基本です。そのため夜間の撮影についても考えて購入することが大切になります。今回は、夜間対応の防犯カメラを選ぶ時のポイントについて紹介します。

夜間撮影ができる防犯カメラは2種類

夜間の撮影ができる防犯カメラは大きくわけて2種類です。

  • 赤外線LED搭載カメラ(夜間白黒撮影)
  • 白色LED・暖色LED搭載カメラ(夜間カラー撮影)

それぞれの機能と特徴を理解して、夜間撮影に対応した防犯カメラを選ぶようにしましょう。

白黒映像で監視「赤外線LED」

防犯カメラ 夜間 カラー撮影

赤外線LED(IR LED)が搭載された防犯カメラは、昼間はカラー撮影ですが夜間は白黒で被写体を撮影できます。

防犯カメラ 夜間 白黒撮影

暗くなると赤外線LEDが点灯することで、怪しい人物の動きを捉えることができます。人の目には見えないような真っ暗な状況でも、鮮明な映像に変えることができます。

防犯カメラ 夜間 白黒撮影

カラー映像で監視「白色LED・暖色LED」

防犯カメラ BI-2500CL カラー撮影

写真:BI-2500CL(暖色LED搭載)

白色LEDや暖色LEDが搭載された防犯カメラは、昼間・夜間ともにカラーで被写体を撮影することができます。暗くなると白色LEDや暖色LEDが点灯することで、怪しい人物の動きを鮮明なカラー映像に変えることができます。

防犯カメラ 夜間 カラー撮影
※写真はイメージです。

白色LEDや暖色LEDの照射距離はカメラによって異なります。設置場所に応じて選ぶようにしましょう。

【動画解説】カメラの基本性能を比較する

赤外線LEDを標準装備

赤外線LEDタイプか白色・暖色LEDタイプかを選択する場合には、設置環境や被写体の状態を考える必要があります。「どちらが設置環境にあっているか分からない?」という場合には、弊社までお気軽にご相談ください。弊社の防犯カメラは、赤外線LEDを標準装備しております。

加えて暖色LEDを搭載した夜間カラー撮影ができる製品もございます。豊富なスタッフがお客様の様々なご要望に最適な防犯カメラをご提案させていただきます。