防犯カメラ 監視カメラ

防犯カメラは用途に応じて様々な形や機能があります。選びがいがあるものの設置場所に最適なカメラを選ぶのは難しいものです。そこで今回は、防犯カメラをはじめて購入する方、防犯カメラの買い替えを検討されている方向けに、防犯カメラの種類と形状にスポットをあてて紹介します。防犯カメラを選ぶときの参考としてご覧ください。

防犯カメラの形状は3種類

防犯カメラの形状には、大きくわけて3種類あります。

  • ドーム型カメラ
  • バレット型カメラ
  • PTZ型カメラ

カメラの特徴を理解すると、目的にあった防犯カメラが選びやすくなります。

ドーム型カメラ

ドーム型の防犯カメラは、ドーム状になった円形のカメラです。防犯カメラの中では、目立ちにくい形状で、カメラレンズを見ても撮影している方向がわかりにくいカメラになります。

天井面に設置し利用されることが多く、防犯カメラをインテリアに馴染ませたい店舗やマンションなど室内用の防犯カメラに向いています。一方でドーム型の防犯カメラは、威圧感が少ないため犯罪抑止効果を目的とした屋外用の防犯カメラにはあまり向いていません。

メリット
景観を崩しにくいため屋内用に向いている
デメリット
威圧感が少ないため犯罪抑止を目的とする屋外用には向いていない

バレット型カメラ

バレット型の防犯カメラは、筒型をしたカメラです。屋外で見ることが最も多い防犯カメラのひとつになります。

カメラとして非常に存在感があるため防犯抑止効果が大きく、屋外用防犯カメラとして設置される場合が多いです。一方でバレット型の防犯カメラは、撮影方向が分かりやすいというデメリットがあります。

メリット
防犯抑止効果が大きい
デメリット
撮影方向がわかりやすい

PTZ型カメラ

防犯カメラ 監視カメラ

PTZ(ピーティーゼット)型カメラは、遠隔での首振り制御が可能なカメラです。上下左右への移動、ズームイン・ズームアウトが遠隔操作できるため、設備の監視や不審者の追跡をすることもできます。小型のPTZ型カメラであれば、店舗内の状況やペットの様子を遠隔確認できます。

一方でPTZ型カメラは、撮影方向を変更できるため、元の場所の録画ができなくなります。防犯カメラとして使用する場合は、固定カメラと併用するなど、死角のない撮影ができる設置を検討する必要があります。
※PTZ:パン(Pan:水平回転)・チルト(Tilt:垂直回転)・ズーム(Zoom:拡大・縮小)それぞれの頭文字の略です。

メリット
1台で様々な場所を撮影できる
デメリット
カメラの操作中、死角ができやすいため他のカメラとの併用が必要

【動画解説】カメラの種類とデメリット

防犯カメラ設置・運用サポートも対応

もしもの時には迅速な対応ができる防犯カメラで安全対策をしませんか。

当社では、お客様のご相談に最適な防犯カメラをご提案するとともに、防犯カメラの設置・運用サポートまで一貫して対応しております。とりわけ当社のカメラ運用システム(レコーダー)は、操作が非常に簡単です。録画した映像から不審者や不審車両を特定するなど、気になる情報をサッと検索できます *。

「防犯カメラは設置したけど活用が難しい…」など防犯カメラの運用に不安がある方も安心してご利用いただけます。防犯カメラに関するご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。経験豊富なスタッフが、お客様のご相談に対応しております。

*カメラの機能により検索できる内容は異なります。